エンジニアリング

複合環境試験設備

自動車環境試験装置-実車風洞試験装置

輸送機の開発に必要な各種試験に適応した、様々な気象環境を再現。

温度・湿度・圧力・日射・路面輻射・降雨・降雪・車風速などの自然環境条件を適確に再現。輸送機の研究・開発に関わる様々な環境試験ニーズに対応できる装置です。

実車風洞試験装置

ページ先頭へ

自動車環境試験装置-エンジン性能試験装置

オイルや吸入空気の温度を任意にコントロールし、エンジンの性能や耐久性を評価。

エンジンのLLC、オイルや吸気温度を制御し、エンジンや各部品にヒートショックを与え、性能や耐久性の効果測定を行える装置です。

エンジン性能試験装置

詳細

ページ先頭へ

閉鎖環境設備

宇宙開発に欠かせない、閉鎖環境適応訓練設備。

わが国も参加する国際宇宙ステーションに取り付ける実験モジュールJEM(Japanese Experiment Module)の施設と環境を忠実に再現したJAXAのシミュレーション施設。実際のモジュール内活動の適合訓練や各種機器の性能評価を行うことが可能です。

特徴
  • 構造解析による徹底した密閉構造設計。
  • 従来の環境試験に加え、空気組成や大気圧の制御、太陽光の再現も可能。
  • クリーンルームは、高い清浄環境だけでなく、風速まで考慮したシステムを採用。
  • 急激な圧力・温度変化の発生など、さまざまな異常を想定した危険回避制御を採用。

空調機など
環境制御機器

実験(作業)モジュール
高気密・高断熱・高遮音

居住モジュール
高気密・高断熱・高遮音

ページ先頭へ

住宅用環境試験装置

モデルハウスをまるごと設置した、住宅設備の性能を測定する環境試験装置。

給湯設備やエアコンなど、住まいの様々なエネルギー消費機器の環境変化による省エネ・経済性を測定・評価する装置。住宅性能を加味した総合評価も可能です。

特徴
  • 任意の季節条件下での住まい全体のエネルギー評価が可能。
  • 曜日による使い方の変化を考慮した、各機器の実負荷による連続評価試験も可能。

モデルハウス

試験体(給湯機)

制御室

動力盤

計測室

ブラインチラー

模擬負荷装置

恒温水設備

環境試験装置

温度:−10〜45℃DB
湿度:30〜90%RH(10〜45℃)
給水温度:5〜60℃
熱量制御:1〜10kW

ページ先頭へ

無響室・残響室

音響機器や防音材の開発、各種機器の騒音・動作音の測定が可能。

音響機器や防音材の開発、各種機器の騒音・動作音の測定が可能。

無響室

残響や反射音がほとんどなく、被測定物の発生または検出する音だけを忠実に測定。音響機器の開発や各種機器の騒音・動作音の測定に用いる施設です。

残響室

音の拡散方向が均一になるよう人工的に調整した施設。吸音材や防音壁、遮音材料の透過損失の測定などに活用できます。

 

無響室(内観)   残響室(外観)
無響室(内観) 残響室(外観)

ページ先頭へ

加震装置付環境試験設備

輸送過程での振動・衝撃を再現し、輸送の安全性を確認・検証。

輸送過程における振動や衝撃、温湿度などの環境を再現でき、輸送機や荷物、搭載機器の耐久性や性能、安全性の効果測定・検証が行える施設です。

特徴
試験品の搬入出や内部圧力変化への対応が容易な移動式テント構造。
  • 試験品の設置が容易になるよう人力での稼動が可能なジャバラ式を採用。
  • 内部圧力変化をテント構造と液シールで吸収。
  • テント構造で施設の低コスト化を実現。

ジャバラ式シールド

試験体
(冷凍コンテナ)

加震装置

ページ先頭へ