メンテナンスの必要性

施設や設備のお引渡し後も、お客様設備のライフサイクルをサポート

施設や設備を末永くご活用いただくには、定期的な保守・点検が不可欠

当社では設備のメンテナンスを主体に、システム全体の性能維持を図るとともに、保守・点検から得られた情報から、更なる性能・効率の向上に努め、次へのステップへと反映します。トータルなサービスエンジニアリングにより、お客様設備のライフサイクルをサポートし続けます。

サービスエンジニアリングの意義 イメージ図

施設内の全ての設備の保守管理をワンフェースでサポート

当社のサービスエンジニアリングは、空調・冷凍設備はもちろん、施設および、施設内の全ての設備が対象です。施工時と同様に、当社が統合窓口となり、全ての保守管理をキメ細かくサポートします。

計画的な予防保全で、長期にわたり性能を維持し、
故障リスクとライフサイクルコストを軽減

計画的な保守・点検を行うことで、性能の減衰と故障のリスクを長期に渡って抑制し、設備管理におけるライフサイクルコストを軽減します。

保全による設備のライフサイクル比較 (イメージ)

保全による設備のライフサイクル比較 イメージ図

TOP